テーピングの効果

2021.07.27

ケガの予防

スポーツや運動によってケガの内容は異なります。また、障害(捻挫・肉離れ)や、傷害(打撲・骨折)などのケガのリスクを減らすために、負担がかかる患部や部位にテーピングを貼る・巻くことで予防します。

パフォーマンスアップ

テーピングが関節や筋肉の動きをサポートし、身体を動かしやすくするため、基本動作(走る・跳ぶ・投げる・蹴る・バランス)がスムーズになりパフォーマンスアップが期待できます。

患部の保護

ケガをした直後、内出血や痛みがある際にテーピングを貼る・巻くことで患部を保護し、ケガの悪化を防ぎます。

重度のケガ(骨折・捻挫など)をした際には、応急処置としてテーピングを使用することで、症状の悪化を最小限に抑えることができます。

疲労軽減

キネシオロジーテープは「人工筋肉テープ」とも呼ばれています。シワができるテーピングを貼ることで皮膚が持ち上げられ、皮膚と筋肉の間にスペースを作り出し、血液やリンパの流れがよくなることで、老廃物が排出されやすくなり、痛みや疲労を取り除く効果が期待できます。

テーピング入門

ONLINE STORE

PLEADYのパフォーマンスにはエビデンスがある。

キネシオロジーテープの主な材料は生地と粘着剤です。材料がシンプルだからこそ、
材料の品質と加工の技術が製品の品質にダイレクトに反映されます。
PLEADYのキネシオロジーテープは日本製の生地のみを使用し、実績豊富な国内工場において職人の手で一つ一つ丁寧に作られます。
製品のすみずみにまで日本のクラフトマンシップが息づく逸品です。