首・肩まわりの、張り・痛みに対するテーピング

2021.05.26

肩・腕を動かすと痛みや違和感を感じる

腕を上げる動作がしにくい、肩がスムーズに動かない。そんな悩みを解消する「四十肩・五十肩のテーピング」をご紹介いたします。
姿勢の悪さを改善・予防として使えるテーピングなので、ぜひお試しください。

テーピングの巻き方

使用するテーピング

モデル身長:165cm 65kg 男性
テーピングの長さ:①50mm×30cm 1本,②50mm×20cm 1本
※テープの角を丸くカットすることで、テープがはがれにくくなります。

ステップ①

手の平を身体の正面に向け、肩甲骨を背中側によせた体勢で貼っていきます。

ステップ②

剥離紙はくりしの真ん中を手で切り、肩甲骨の一番下から、テープの真ん中を背骨に合わせて、テープ①を横に貼ります。
この時、テープは引っ張らずに貼ってください。

ステップ③

テープ②は背中を丸めた姿勢で貼っていきます。
ステップ①のテープの上にテープ同士が重ならないように貼っていきます。
中央から剥離紙をはがし、テープの中央を背骨に合わせ、テープを引っ張らずに貼ってください。

ポイント

肩甲骨を寄せた際に、テープにシワができるようにします。
シワをつくることで筋肉と皮膚との間に隙間ができ、筋肉の動きがスムーズになり動かしやすくなります。
また、からだを前に倒した際には、テープが引っ張られブレーキの役割となります。

注意点

・最後にテープを上から軽く叩きなじませてから、手で温めるようにします。
・熱を加えることでテープが肌になじみ、はがれにくくなることで、テープの効果が長続きします。
・テープをはがす際は、皮膚を押さえながら体毛の流れに沿ってゆっくりとはがしてください。
・かゆみや発疹などの症状があらわれた際は、速やかにテープをはがしてください。
・ボディクリーム等を使用していると、テープが粘着しにくい場合がございます。

おススメ商品

・PLEADY 巻くか、負けるか。テープ 撥水×通気性 50mm

生地はやわらかく扱いやすい、撥水加工を施したテーピング。
独自の粘着技術により通気性も確保されており、肌によくなじみます。粘着力に優れ、重ね貼りにも適しています。

・PLEADY 巻くか、負けるか。テープ 超撥水 50mm

ポリエステル布に超強力な撥水加工を施したテーピング。 生地も薄く、雨天時のスポーツにも耐えられる、撥水性抜群。

・レギュラーソフトタイプ 50mm

伸縮性、通気性の高いテーピング。通気性を維持しているため皮膚にも優しく、かぶれにくいのが特徴です。皮膚の薄い部分、肌にお困りの方必見のテープです。

ONLINE STORE

PLEADYのパフォーマンスにはエビデンスがある。

キネシオロジーテープの主な材料は生地と粘着剤です。材料がシンプルだからこそ、
材料の品質と加工の技術が製品の品質にダイレクトに反映されます。
PLEADYのキネシオロジーテープは日本製の生地のみを使用し、実績豊富な国内工場において職人の手で一つ一つ丁寧に作られます。
製品のすみずみにまで日本のクラフトマンシップが息づく逸品です。